サカキブラグ

arukannsie.exblog.jp

時折ブラリと寄るブログです。

ブログトップ

<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 今年も年賀状を描かせていただきました。

 どうぞご覧くださいませ。


 まずは桐丸様への年賀状。

e0322484_00231538.jpg















 


 十夜「美青年戦士セーラートーヤ参上。カメレス作者は……月に代わって、戒めだ」

 空子「ぎゃあああっ!!? こ、こんな初夢は嫌ぁぁぁーーーーーッッッ!!!!」



 お次は黒魔様への年賀状。

e0322484_00283851.jpg













  乃亞「待たせたわね。貴女はこのあどり部部員、叶凸乃亞が相手するわ」

   咲「私が尾上咲である!!」

  乃亞「!!?」

 一二三「待ってください乃亞さん!! わざわざ貴女がお手を煩わせる必要はありません。ここは私に任せてください」

  乃亞「ヒフミ、貴女には荷が重い相手よ?」

 一二三「あ、あんな小さい子に勝てなくないもんっ!!」


 ズッ ズザッ


 わたる「な、なんだアレは―――っ!! な、なんだかモーニングスターに似た武器を持った子が横から出てきたぞー!?」

  レオ「あ、アレをどうするってんだ――っ!!」

 一二三「行きます!!」


 バッ バッ


一二三「あどり部超奥儀『マジカル・モーニ――」

   咲「その先は言わなくてもいい!!」


 ニュッ


 一二三「えっ!!?」

   咲「私が尾上咲である――っ!!」


 ドカッ


  レオ「あ、あわわわわ……た、たった一発で……!!」

 わたる「お、奥儀を最後まで言わせずに……!!」

  乃亞「どうやら久しぶりに、私の血を滾らせる相手に巡り合えたみたいね!!」


‐中略‐


   咲「これが私の……『千歩風砲拳』だ――っ!!」

  乃亞「う、うわぉう!!?」

  申由「恐ろしい娘だ。まさかあの幻の拳法を極めていようとは……!!」



【千歩風砲拳】


 この世には様々な拳法が存在するが、中でも奇妙なのは、この拳法を始めとする、世界の没兵器を基にした拳法であろう。

 ちなみに風砲とは、ドイツ軍が戦時中に開発した兵器であるが、なんやかんやで失敗作として闇へと葬られた、風の力であらゆる飛行物体を墜とすトンデモ兵器である。

そしてそんな暗殺にも使えうるトンデモ兵器に、世界中の拳法家が目を付けないわけが無かった。

 この奥儀の要諦は、念の力で掌へと圧縮した空気を、相手へと一気に放出するというシンプルなモノではあるが、その威力は巨岩さえも砕くという。

 なお、この奥儀の体得者の中にハン・ドウキンなる人物がおり、のちにその者がかの有名な『波動拳』の語源になったのは言うまでもない。


 丘科書房刊『トンデモ兵器を基にした近代拳法』より



 次は永雛様への年賀状。

e0322484_01083669.jpg
















 ウナギイヌタカヤ「八神家奥儀『ウナバウアー』!!」

 ィアナ「た、タカヤさんが……タカヤさんが滑る~~!!!!」

 リイン「にょっ!? こ、今回のおとーさまは戌年だけにウナギイヌですかっ!?」

 ウナギイヌタカヤ「ヌルフフフッ! この状態の私は誰にも捕まえる事はできませんよっ!」

 ユーリ「ですが喋り方は殺せんせーみたいです!」

 シュテル「まぁ一応、ウナギイヌは丁寧語で喋りますが」

 レヴィ「というか、この構図……どっかで見た事、というか聞いた事があるような……?」

 シュテル「国語の教科書にも出た『ごんぎつね』ではないですか? 同じような場面がありますよ?」

 レヴィ「ああ! なるほど!」

 ロード「父君の記憶の奥底にかろうじて残っていたから、我らにも分かるわけだな」

 レヴィ「という事は、もう噛むしかないわけだねっ!」


※最終的にごんぎつねはウナギを噛んでます。



 次は*PCARIN様への年賀状。

e0322484_09282992.jpg













 歌舞伎律「あ……あ、け、お、めぇぇぇ~~!!!!」

    澪「…………もう何も言わん!」


 

 最後は星原ルナ様への年賀状。

e0322484_21521894.jpg













 う~む。色合いはこれでよかっただろうか。

 戌年なだけに『WORKING!!』の犬組の主要ヒロイン3人です!

 まひるちゃんが何度も桂木弥子っぽくなりつつもなんとか描ききりました。

 どうぞお納めください。



 というわけで、これでおしまいです。

 みなさま、今年も宜しくお願い致します!





 


[PR]
by guroriasuh | 2018-01-01 00:00 | イラスト | Comments(0)

by guroriasuh